感染すると命にかかわる恐い病気も、ワクチン接種を受けることで防ぐことができます。
1年に1度(子犬の場合は生後2ヶ月頃から4ヶ月の間に2〜3回、子猫の場合は生後2〜3ヶ月頃に1回目の接種を、1回目の接種から約3週間後に2回目を接種します)、定期的にワクチン接種を受けてこれらの病気を防ぎましょう。

*大人になった犬・猫が初めての接種を受ける場合には、まず病気に感染していないかを調べる必要があります。
 
  ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

い ぬ
ジステンバー 、アデノウィルス、犬パラインフルエンザ、
パルボウィルス感染症、レプトスピラ症、犬コロナウィルス病

ね こ
猫汎白血球減少症、猫カリシウィルス感染症、
猫ウィルス性鼻気管炎、猫白血病ウィルス感染
よく知られている病気 その症状と対策・処置
 

 




  Copyright 2000-2003 e-mon All Rights Reserved.