大阪の阪急百貨店側の歩道橋に大勢の人だかりができていた。いったい何事か!?と近づいてみると…そこには全身黄色の小さい人がじっと直立しているではないかっ!あまりにも衝撃的な光景を目の当たりにした私は彼をしばらく観察することにした。
ふと足元を見ると、一冊の立て看板らしきノートが置いてあった。これによると、彼の名は黄色原人と言うらしい。見たままの名前だ。目的は何故か「東京への遠征活動のための資金を稼ぐため」と書かれている。ずっと直立不動、しかも、瞬きを全くしていない。そう、これこそが黄色原人の能力であり、パフォーマンスなのだ!!・・そうだ。

後々調べてみると、彼は元々は立体作品を手がける芸術家だったらしい。 原人のデビューは1987年の3月、何とあの京都府立美術館だったらしい。その後は関西テレビに出演を果 たすなど、徐々に注目を集めているとのことだ。 しかし、なぜ東京へ行かなければならないのか?本当に東京に行けるだけの資金は集まるのだろうか??謎は深まるばかりでりである…。
 
土曜日の夜。場所は大阪の阪急百貨店側の歩道橋、階段2段目あたりに現れるらしい。興味を持ったあなたも、全身黄色の謎の男に会えるはずだ!!!

取材人は見た!!!
TOPへ
e-mon
TOPへ